梱包とは資材を守るための、大切な作業です

梱包の主な目的は、包んだ資材の破損を防ぐ事です。資材の大きさや重さ、具体的な形や性質によって梱包方法は変わります。

同じ梱包作業でも、資材を倉庫に片付ける際とクライアントのもとまで出荷する際の作業では、具体的な手段が違ってきます。

いわゆるプレゼント用のラッピングとは違い、資材の梱包に関して見栄えが重視される事はほとんどありません。

コストパフォーマンスに優れ、分別やリサイクルや処分が容易、そして環境負荷が低く扱いやすい素材でできている事などが、保管用の素材に求められている条件です。

商品の品質が適切に維持される事が最重視され、保管中や輸送中の衝撃に備えて緩衝材などを資材と一緒に箱詰めする事も多いです。

倉庫で長期保管すると、湿気や太陽光や気温差など色々な影響を受けます。

高温多湿な環境下でも悪影響を受けにくい梱包材や耐久性に優れたダンボール箱を活用する事で、安心して自社製品や在庫の長期保管が行えます。