梱包は大事な製品などを守る大事な仕事

         

商品が破損しないようにきっちりと保護し包む事を梱包と呼び、作業をする時に使用するのは軽量でありつつも頼もしく保護する事ができる発泡スチロールもしくはダンボールです。


そのような発泡スチロールもしくはダンボールを使用して製品を包み込む事に従事する仕事も存在していて、あらゆる環境で活躍する機会があるものの中でも多いのが物流センターや倉庫、工場などです。


今日ではウェブサービスを利用して自宅に居ながらにしてお買い物をする事ができ、自宅からコンピュータなどを介して購入した物が傷付く事なく手元に届きますが、無事に手元に届くのはしっかりと梱包されているためです。


そのため、とても重要性が高い上に人から頼りにされる仕事であるのも特徴的であり、大切な製品を無事に届けるという目的があるが故に仕事においてはマニュアルが用意されています。


さらに、梱包をする物は日用品などの他に季節感が強く感じられる物が多いので、働きながら様々なイベントや季節の移ろいに思いを馳せる事もできます。

梱包における外装と内装の違い

外装や内装というと住宅をイメージする人が少なくないですが、製造や物流に関わる人の間ではまた違ったイメージが思い浮かべられます。


製造や物流における外装と内装は、いわゆる梱包に関連する言葉で、前者は代表的なものにダンボールが挙げられます。

安価で作業性が高く軽量で扱いやすいなど、ダンボールは様々な点にメリットがあります。


重量物を取り扱うケースでは、紙素材のダンボールよりも丈夫な木箱が梱包の外装に当てはまります。


木箱は重量があって処分にコストと手間が掛かりますが、長距離輸送を伴う輸出入において安心です。


他にも保冷に役立つスチロールや、衝撃に強いスチール素材も外装に用いられます。


対する内装とは緩衝材全般を指すもので、スチロール製のクッションや通称プチプチのエアパッキンが有名です。


家庭では丸めた新聞紙も立派な緩衝材になりますから、梱包の内装は外装よりも種類が多く、どれも身近な存在だといえるでしょう。


中身と箱の間に隙間があると、輸送中の振動や衝撃が中に伝わってしまうので、隙間を埋めるように内装を箱詰めすることが梱包の基本となります。

さて、ここまでで梱包において大事なことや基本となる知識をご紹介して参りました。

もちろん包装や梱包に関する知識はこれだけでは終わりません。実は物流の世界には商品を安全に包む為、包む商品や製品に最も適応しているデザインや素材を選び包装仕様を作成する「包装設計」と呼ばれるものがあります。

今回はこの包装設計を行っている会社も併せて見ていきましょう。

包装設計を行っている業者11選


ヤマト運送

ヤマト運送 TOP スクリーンショット

私たちが日常的に使う包装から、工業をターゲットにした包装まであらゆることに対応しているのをご存じでしょうか?実はヤマト運送では資材の提案から輸送情報の把握までを一貫して提供しているのです。物流のニーズに合わせて短期での搬入、小ロット対応も可能なのだとか。お届け後のゴミ処理まで配慮し、安定の運送をしてくださいます。

公式サイト

株式会社チューゲン

株式会社チューゲン TOP スクリーンショット

3D設計を導入した包装設計を提案している株式会社チューゲン。3DCADと3Dスキャナーを使用し、品質の向上はもちろん今まで以上の速さを実現したそうです。包装設計後は緩衝設計を行い落下テストも行っているのだとか。カッティングマシンの自動化でよりスピーディな包装の提供をしてくれることでしょう。

公式サイト

SBSリコーロジスティクス

SBSリコーロジスティクス TOP スクリーンショット

小型から大型、長尺ものまで、精密機器をメインとして包装設計を行っているのがSBSリコーロジスティクスです。輸送手段を改めて見直し、環境保護及び輸送後のゴミ処理も考慮した設計と資材選択をしてくださるとのこと。じっくりと話し合ったすえ、納入価格の条件を決め納品を行っているそうです。

公式サイト

日通NECロジスティクス

日通NECロジスティクス TOP スクリーンショット

国際的な基準をクリアしたISO規格にのっとり品質環境を整えていらっしゃるそうです。過去の依頼では資材費の削減も達成したと言います。輸送に関わる一連の流れをすべて請け負ってくれる他、効率性向上など新しい提案ができるノウハウを多用に持ってるのだとか。お客様のご期待に応え、満足のいく梱包を提供してくれるでしょう。

公式サイト

株式会社生出

株式会社生出 TOP スクリーンショット

株式会社生出はパッケージにおけるトータルサービスを提供していらっしゃいます。豊富な素材種類の扱いと、特別な加工技術への対応を可能にしているのだと言います。その理由は培ってきた協力企業との信頼によって成り立っているとのことです。品質とスピード、両方の向上につながっていることでしょう。広い知識と長い経験で最適な包装設計を提供してくださいます。

公式サイト

日立製作所

日立製作所 TOP スクリーンショット

搬送に伴適した設備を整えた日立物流では、輸送方法に合わせた包装を大切にしていらっしゃるそうです。例えば運ぶ方法がトラックであれば、振動と温湿度に配慮した包装を。人であれば衝撃に備えた包装を。輸送中に起こりうる危険に対するシュミレーションを行って改善を重ね、物流環境の中で製品を守ってくださいます。

公式サイト

アイロップ株式会社

アイロップ株式会社 TOP スクリーンショット

お客様から受け取った商品を自社で梱包したり、出張形式の梱包を請け負ったり、様々なニーズに応えているアイロップ株式会社。渡してしまえば梱包計画・資材の手配を対応、納品まで寄り添って対応して下さるそうです。また包装貨物試験を社内で行っており、安心安定の検証データを集めることも出来るようです。

公式サイト

株式会社クレステック

株式会社クレステック TOP スクリーンショット

傷つかず安価で効率のいい梱包にプラスして見栄えのいい梱包を提供している株式会社クレステック。手に取ったときの高揚感。販売において陳列すれば目を奪われるような梱包を目指して、最高の梱包を一緒に考えてくださいます。日本パッケージングコンテストでは四年間賞を受賞している実績もあるそうです。

公式サイト

エ・ル・デザイン株式会社

エ・ル・デザイン株式会 TOP スクリーンショット

エ・ル・デザイン株式会社はダンボールの包装設計を主に取り扱っています。最小限のダンボールで梱包することにより無駄な資源を使うことをおさえ、環境にやさしい提案をしてくださるとのことです。また、それによって大幅なコストダウンにつなげることもできてしまうのだとか。梱包における品質の向上と管理の手間はもちろん、物理的なコストダウンにもつながるのではないでしょうか。

公式サイト

株式会社新開トランスポートシステムズ

株式会社新開トランスポートシステムズ TOP スクリーンショット

新しい包装設計の提案、そして包装仕様の改善の提案をしている株式会社新開トランスポートシステムズ。精密機器、軽量物、重量物と様々な製品に対応していらっしゃるとのことで、お客様の要望に合わせて専任の包装設計士が相談にのってくださるそうです。改良設計の場合は、素材、仕様を分析して評価をつけ、それによって費用削減や環境に対応した素材への適切な変更も提供してくださると言います。

公式サイト

株式会社トヨコン

株式会社トヨコン TOP スクリーンショット

株式会社トヨコンでは新規の設計の提案だけでなく、包装資材のオーダーメイドまでも受け付けていらっしゃるそうです。さらに従来の設計の改善も提案し、1㎜単位にこだわり抜いた希望に沿った梱包も可能なのだそう。オリジナルになるためサンプル作りにも手を抜かず、納品後のトラブル回避にも役立てていらっしゃるのだと言います。コストダウンにも気を使い、パドパックの導入によって必要な分のみで紙緩衝資材を抑えることが可能だそうです。

公式サイト